花見の日に桜の木の枝を折ろうとするDQN男「たかが木の枝ごときで大袈裟だ!」→その日の夜、何故か俺の名前を知っている少女が現れて……!(ちょっと感動する話)【日刊ラインストーリー】